FC2ブログ

when the morning comes



ふと気が付くと、小さな頃過ごした家の奥の座敷に寝転がっていた。何故だか季節は夏。



海が近い小さな村。





やたら広い土地に奥深く建てられた平家で冬は寒くて暗かった。


夏は楽しい季節だった。


夏は襖を外して夏用の建具に変え、庭に面した窓という窓を開け放つとスーッとよい風が通り、気持ちが良かった。


夏に一度は父が池の鯉を移し替えて掃除して水を入れ替える。準備が整うと、水着のホクショーが登場。


一日中泳ぐのだ。


一時間に一回、池から出るよう号令がかかる。


上がると床几に用意してあるおやつを食べてまた、泳ぐ。


嫌がる姉も服のまま引っ張りこむ。もう大暴れだ( ̄+ー ̄)


とうとう夕方には引っ張り上げられ、池は再び鯉たちの住処になる。


そして奥の座敷の真ん中にゴロンと横になる。


庭を眺めながら眠りに堕ちる…




ん?!


気付くと、何故だかそこに先輩ギタリストとベーシストがだらり…と座り、何か楽しそうに話している。


起き上がりもせずコロコロしながらお二人の話しを聞くとはなしに聞いている…


とてもとても穏やかな気持ち…




そのうちお二人が楽器を鳴らし始めた。


エレキだ。


絶妙に絡み合う音。あぁ、このコンビネーションは最高だ…


そのうちソロが始まった。


強烈なギターソロ、そしてベースソロがドゥーン!ドドドド…ドッ!ドドッ!と凄まじくカッコいい♡


最高!!!まるで夢みたい、シアワセ過ぎる。




あ… 夢…?


嫌だ、夢じゃないよね、大丈夫だよね…


目を開けなければこのままでいられる(u_u)


でも仕方ないね… もう諦めるわ。



さよなら、夢の世界、幸せなワタクシ




夢のような夢を見て目覚める朝は必ず体調不良だ、不思議。


でも幸せな夢の記憶に助けて貰えるので、それで良い事に致します。



と言う訳で、本日のお供は



小学3年生の夏休みに聴いたカラパナ。衝撃的!!夏中毎日死ぬ程お姉ちゃんに掛けてもらい続けた一枚。




そしてもう一枚は、ちょっとイケテナイ感じのダリルですが、ワタクシの愛聴曲、カラパナも歌うwhen the morning comesが収録されているので…




小学生の頃を思い出すなんて…


ホクショーもそろそろか…


2015.01.29 | トラックバック(0) | ダイアリー

«  | ホーム |  »

プロフィール

ホクショウケイコ

Author:ホクショウケイコ
KEIKO HOKUSHO Diary

神戸を拠点に活動しているシンガーです。

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR