マナツノヨノユメ



大切に思っていた人が皆、ワタクシの敵となって迫ってくるぅー ((((;゚Д゚)))))))


どーして、どーして?!こわいよぉー!!


はぁ、困ったなぁ、歌えないじゃない (´・_・`) 困ったよ…



いよいよ、手詰まり、ギブアップか…






すると、ワタクシの腕を掴んでグイグイ引っ張っていく方が… ((((;゚Д゚)))))))



「何してんだ、ホクショー、行くぞ!!」



懐かしい声…


はっ!!リュッコさん?!



ホ「でも、まだ問題は解決していませんー!!ワタクシこのままではー!!」



リュッコさん 「もういいんだよ。あっちを見なくていい。全部片付いたんだ。さあ、行くぞ、ホクショー!」




リュッコさんに腕をとられ歩を進めた…


一体後はどうなるのか… ワタクシはもう歌え無くなるのか… そんな不安はスーッと飛んで散っていった(^ー^)ノ



そうね、ワタクシは大丈夫、何か知らないけど行かなくちゃ!!みんなバイバイー(^ー^)ノ




パチリ (@_@)




え?! あれ?!リュッコさん、何処?!



夢だったの… (u_u)?


でも、今、確実に、そこに、リュッコさんはいらしたのだ。ワタクシのとるべき道を示して下さったのに違いない。




近頃ホクショーのひっそりした幸せの音楽活動は猛烈な攻撃を受け、風前の灯火となっていた。


潔く降参して撤退するほか道は無いと分かってはいたが、何とも虚しい気持ち…


何も前向きな考えが思い浮かばずにいた…



でも、夢のなかでリュッコさんが力強く言って下さったのだ。


「もういいんだ。ホクショー、振り返らずに次のステージに進め!」



重いものがストンと落ちたように心が軽くなった。



その朝の新聞にリュッコさんを偲ぶ記事があった。







真夏の夜の夢


出来ることなら覚めずにいられないものか…



スポンサーサイト

2014.07.31 | トラックバック(0) | ダイアリー

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ホクショウケイコ

Author:ホクショウケイコ
KEIKO HOKUSHO Diary

神戸を拠点に活動しているシンガーです。

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR