fc2ブログ

オカヲコエ、イコウヨ~!!

皆さまこんばんは


また暫くの御無沙汰でございましたm(--)m


と、申しますのは、お察しいただく方も多いかと思いますが9日、そして昨夜10日のライブに向けて臨戦態勢に入っていたからなのでございます...

臨戦など、不穏当な表現ですが、戦おうとしていたのは他ならないワタクシ自身でございました(-。-)/


9日金曜日雨 B-Roxy40周年記念ライブ at Universe


この日はワタクシ、道祖淳平氏、木村優一郎氏、の3人で思いっ切りロック

お出番は沢山の出演者のなかで一番目

ワタクシ達の役割はステージを温めて次のバンドにバトンタッチする事。

長いパーティーの初めで、時間が早かったこともあり、お客様はまだ少し...だけど思いっ切りロック

しかもその少しのお客様のうちのお一人は、ワタクシが学生の頃から大変お世話になった筋金入りのジャズファンでいらっしゃる。

緊張で手が冷たくなった

淳平さんの「いくでっ!」  が入った。

闘うのだ

1曲目のFourStics、淳平氏のエレキと優一郎君のドラムが猛烈な勢いでうなりだした

Fantastic


「自分が上手く歌えなかったらどうしよう...皆さん、どう思われるのか...」なんていう臆病な気持ちはふっ飛んだ。

この時間を楽しまずしてどうする、ホクショーよっ!!

フルスロットルでいくのよーっ!!ウォーッ!!

p(^O^)q

ダンスフロアーに浮かぶ球体が回転しているぅ~(@0@)/

オオ、それは惑星たち まさに、ユニバース~(^0^)~


ステージを降りて正気に戻り、前述のお客様に怖々近づいたワタクシに、「良かった!!ホクショーさん、思いっ切り音楽を楽しんで頑張れっ!!応援するぞ!!」と、おっしゃって下さった。

へなへなと腰が抜けそうだった...ヨカッタ

弱気になる自分との闘いが一つ終わった...



色々な面で大変緊張して挑んだライブでしたが終わってみると、夢のように貴重な時を過ごさせて頂いたことに気づきました

こころより感謝致します。

そして、ママ、40周年本当におめでとうございます益々のご発展をお祈り申し上げます



10日土曜日曇り、うっすら晴れ、ちょびっと雨 Just in Time


待ちに待った、でも、やはり色々、ドキドキ(*’。’*)なライブの日がやってきた。

神戸でのライブは久しぶり...何だか不思議な気分

早めにお店に入り、オーナー磯田氏とcoffee time

このお店、何カ月も伺えない事もあるけれど、再び伺う時は必ず、「ただいま~!」と言いながら入ってしまう。

磯田パパがボソボソと話す...

磯パ 「ブーちゃん(ホクショーはこう呼ばれています^^;)の為にメッチャ頑張ってPA調整したんやぞ。メッチャ歌いやすいぞ。」

ホ 「パパ、ややこしい事したのと違う?大丈夫か...心配よ」

磯パ 「分からんやっちゃなーー;ホンマに...」


道祖氏、竹下氏もいらして美味しいコーヒーで一息。

近頃、このお二人とご一緒とこういう時間を過ごすのが日常のサイクルの一部になったようで、自然でホッとする...

ただ、このお二人の演奏にどんな風に応える事が出来るのか、いつもドキドキだ。

リハーサルをしていくうち、だんだんテンションが揚がってきた


そして、本番前は何だかひどく緊張してきて、また指先が氷のように冷たくなってきた。

ピアノの陰で、深呼吸を何度も、ゆっくりと...おまじないを唱えながら...

最初の一曲を始めた...

SweetRosalynのイントロを聴いた瞬間、猛烈にハッピーな気分になった

ワタクシはこんなに素晴らしい音のなかにおいて頂いていて、そして、沢山の温かいお客様とご一緒にこれから音楽の旅にでるのだっp(^0^)q

うれしいっ


2ステージがあっという間に過ぎた...

素晴らしい音場で思いのままに歌わせて頂き、拍手を頂き、言葉に尽くせぬ感謝の気持ちで一杯。

このまま、時間がとまればいいのに...と思うほど、愛おしい時を皆様に頂いた


遠く、金沢から、愛知から、和歌山から、東京からお越し下さったお客様。

我がままばかりしたワタクシなのにいまだお付き合いを下さって、お越し下さったソネスタッフの皆様。

女学院シスのノリコちゃん、女優の早瀬久美さま...

いつもホクショーの事をお心に掛けて下さる御夫妻...

優しく、凛とした目で見つめてくださる千代先生...いつも明るいムードを作ってくださる順子先生、前田先生...


おひとり、おひとりのお顔が浮かびます

皆様、本当に本当に有難うございました!!

そして、Just in Timeの磯田ご夫妻、トネ嬢、温かいサポートに心より感謝いたします!!


お客様にとってはご存じの無い曲も多く、心苦しいところはありましたが、今回は現在のホクショーを偽りなく表現させて頂くことを選びました。

自分本位な選曲になりましたが、お詫びはしない事に致します。


それが今回のテーマ、「自分との戦い」にも関わってくるからでございます。

音楽とどのように向き合っていくのか...信念をもって歌うことが出来るか...

これからもずっと続く長い道のりのまだほんの始まり。


少しずつ改良を加え、皆様にお楽しみ頂けるステージを造っていきたいと思っております。

どうぞ末永いお付き合いを心よりお願い申し上げますm(--)m



さて、この2日間のホクショーの内なる自分との戦い、結果は?と問うてみましたら...


ウ~ン、えっとねぇ...どのようなものか...わかんないのぉ...とにかく、眠らせてちょーだいな(*。*)/

と、脳が退化しつつあるのか...アホなお応えしか返って参りませんの(T0T)

面目無いっm(--)m


本日のBGMは終日、小さな女の子がママと一緒に歌っている”ピクニック”でございました。



ごきげんよう




2012.03.11 | トラックバック(0) | ダイアリー

«  | ホーム |  »

プロフィール

ホクショウケイコ

Author:ホクショウケイコ
KEIKO HOKUSHO Diary

神戸を拠点に活動しているシンガーです。

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR